• すらすら簡単 小学生の作文の書き方はワークシートを使って 例と見本も

ひな人形を飾るのはいつからいつまで? 並べ方と三人官女の持ち物は? 五人囃子は?

目安時間:約 8分


3月3日はひな人形を飾って
女の子の成長を祝うひな祭りの日です
旧暦の3月3日に行われていた頃は
ちょうど桃の咲く季節だったことから
桃の節句ともよばれています
スポンサードリンク

ひな人形を飾るのは
いつからいつまで?

ひな祭り3
女の子の健やかな成長を祈るひな祭り
ひな人形をはじめ桃の花
ひなあられ・ひし餅・ちらし寿司など
華やかな彩りを目と舌で楽しめる
嬉しい楽しいお祝いです
 
なかでもおひな様は女の子のお守りです
桃の節句の時期には
羽子板・野菜・花など女の子に
まつわるものをつるす
『つるしびな』という
布で作った縁起物を飾る風習
全国各地にあります
 

人形を飾るようになったのは
平安時代の『ひいな遊び』という
女児のお人形遊びがはじまりです
女の子にふりかかる災難の身代わりに
なってもらうお守りとして
ひな人形を飾るようになりました
 
ひな祭りはおひな様を飾ることから
始まりますが
ひな人形は正月飾りと同じく
前日に飾るのは『一夜飾り』といって
縁起が良くありません
 

早く飾って早くしまうのが良い
とされていますので
2月4日の立春が目安になります
二十四節気のひとつの
雨水の日(2月19日ころ)に
飾るといいともいわれていますが
どちらにせよ
立春から2月中旬ごろまでの間
ひな人形は飾りましょう
遅くても1週間前までには
飾るようにしましょう
 

また『早くしまわないと婚期が遅れる』
という言い伝えがあるように
3月3日を過ぎたらすぐ片付けます
 
ひな人形はもともとは紙で作った人形で
子供の身代わりにし
けがれを移して流す
『流しびな』という行事でしたが
人形がだんだん豪華なものになってきて
流すこと=すぐ片付ける事
と考えられるようになりました
 

流すこと(すぐ片付ける事)で

災厄を移した人形を早く遠ざけたい
片付け上手になってほしい
おひな様のように
早く幸せな結婚をしてほしい
という娘を思う親心を表すようになりました
 

3月3日を過ぎたらすぐ片付けますが
片付ける日はカビさせないために
なるべく天気の良い乾燥した日を選んで下さい

人形やお道具のほこりをよくはらい
人形の顔には和紙や柔らかい布をかけて
傷つかないように保護してください
人形用の防虫剤を入れて
押し入れの上段や天袋など
湿気の少ないところにしまいましょう
 

ひな人形の並べ方

ひなまつり2
伝統的なひな人形は七段飾り
緋色の毛せんの上に
内裏びななどの人形と
嫁入り道具などを飾ったもので
段の上に15人を飾ります

 
最近では住宅事情から
びょうぶを立てて
内裏びなを置く親王飾り
三段飾りなどを
選ぶご家庭も増えています
 

おひな様を飾る時には
どの箱に入っていたのかがわかるように
写真を撮ったりメモしたりしながら
飾りましょう
七段飾りは上から順に飾ります
 

ひな人形は
1番上が一段目になり
1番下が七段目となります
ひな人形

一段目
内裏びな(だいりびな)
おだいり様は
向かって左に男びな
右に女びなが主流です
京都では大正以前の儀式をとっているため
逆になります
 
二段目
三人官女(さんにんかんじょ)
内裏で働く女官です
昔は結婚すると眉を剃る風習があったため
中央の女官の眉毛がないのは
結婚しているからです
次の章で詳しく説明します
 
三段目
五人囃子(ごにんばやし)
お囃子の演奏をする5人です
それぞれの表情も異なります
次の章で詳しく説明します
 
四段目
随身(ずいしん)
警護の人たちです
向かって左が若い右大臣
右は年配の左大臣
間にひし餅・白酒・あられなどを飾ります
 
五段目
仕丁(しちょう)
仕丁とは宮中で雑用をする人のことです
3人の表情と持っているものが違います
向かって右から
笑いじょうごで柄の長い立傘を持つ
泣きじょうごで靴をのせる沓台を持つ
怒りじょうごで帽子をかける台笠
持っています
関西ではほうき・ちりとり・熊手を
持っています
向かって右に左近の桜
左に右近の橘
を置きます
 
六・七段目
お道具類
おひな様の嫁入り道具です
六段目に茶道具・火鉢・裁縫箱・鏡台・たんす
七段目には向かって右から牛車・重箱・かご
を置きます
 

ひな祭りのお供え物のひし餅は
上から赤・白・緑
の3枚の
ひし形のお餅を重ねたものです
赤は魔除け
白は清浄
緑は邪気をはらうといわれています

また桃の赤白酒の白
おめでたい紅白を表します
 

スポンサードリンク

ひな人形 三人官女の持ち物と
五人囃子

ひな人形3
三人官女は宮廷につかえた女官です
向かっては白酒をつぐ道具の
加銚子(くわえのちょうし)を持っています
中央の官女はさかずきをのせる
三方か島台を持っています
の官女は長柄銚子(ながえのちょうし)
を持っています
間には高杯を置きます
 

五人囃子の並び方は能のはやし方と同じで
向かってから
謡(うたい)・笛・小鼓(こつづみ)・
大鼓(おおつづみ)・太鼓(たいこ)
の順です
 

三人官女や五人囃子が持っているお道具
細かいものが多く
どの箱に何が入っていたか
わからなくなることが多いので
写真を撮っておくとしまう時に迷いません
 

まとめ

ひな人形は
立春から2月中旬ごろまでに
遅くても1週間前までには
飾るようにしましょう
また3月3日を過ぎたら
すぐ片付けるようにしますが
カビさせないためになるべく
天気の良い日を選んで下さいね
来年飾り付けをする時のために
飾ったひな人形を
写真に撮っておくと良いですね


 
関連記事

1,ひな人形を飾るのはいつからいつまで? 並べ方と三人官女の持ち物は? 五人囃子は?←いまここ
2,ひな祭りのケーキの飾りは100均素材で可愛く 作り方と簡単な手作り品も
3,ひな祭りレシピ かわいいひし形のお寿司と手まり寿司 はまぐりのお吸い物も
4,あざやかなちらし寿司をひな祭りに 基本のレシピと盛り付け はまぐりのお吸い物も
5,卒園式 ママのスーツの色と髪型アレンジ 感動の涙で目元メイクが崩れてパンダ目にならない方法

 
 
 

スポンサードリンク

リアルタイムランキング