新年の挨拶にメールがきた時の返事 返信の文章は?



スマホが主流となった今の時代では
お正月に年賀状ではなく
新年の挨拶メールが届くことも
ありますよね

同僚や友達ならおもしろおかしく
返信をすることができますが
職場の上司またはご主人側の親戚
といったような方には
気軽に返信をすることができなくて
内容に大変困ってしまう・・

というようなことも
あるのではないでしょうか

スポンサードリンク

新年の挨拶にメールがきた時の返事 返信は?

新年の挨拶にメールがきた時の
返事の返信内容に『失礼はないかな?』と何度も
打った内容の文章を確認してしまう・・・
という方も多いと思います。

気にしてばかりいると
せっかくのお正月を楽しむこともできません。
かえってゆっくりできず
気づかれをしてしまう・・なんてことも

できればそのようなことは
事前に防ぎたいものです。
そのためにもメールの内容を一つ、二つ
例文としてあらかじめ準備しておくと良いでしょう。
あとは送られてきた内容や相手に合わせて
少し言葉を変更し引用した文を
返事として返信すると
一から考える手間も省けます。

新年の挨拶 メール文は?

送る内容は、まずはなんといっても
「あけましておめでとうございます」などの
新年のあいさつから入ります。

その後に昨年お世話になった感謝の気持ちを
お伝えした上で、そして今年も
気持ちよくお付き合いをしていただけるように
「今年もよろしくお願いします」という
気持ちを込めて相手に合わせた文章を書きます。

常識のある言葉づかいをするように
気を付けることが大切なポイントです。
送る相手は誰なのかを意識しながら
文章を考えるようにしましょう。

「ありがとう」という言葉は
言われた側だけではなく
言う側にとっても良い気持ちになれる言葉です。

文章だから伝わる、伝えられる
ということもあります。
普段、なかなか言葉では
伝えられないことを伝えられる
一つの手段として使用することができます。

気を付けなければいけないことは
自分目線ではなくあくまでも受け取り側に
喜んでもらえるかということです。

友達なら絵文字や画像を送って
華やかなものにしても良いのですが目上の方
となるとなかなかそういう訳にはいきません。

お正月らしい少しの絵文字や画像なら
もらった側も温かい気持ちになって
嬉しいかもしれませんが
あまりたくさん使用されているとかえって
読みづらく逆効果となってしまうことが
ありますので注意が必要です。

迷ったときには、あたりさわりのない文章を送り
少し自分の思いを添えることも
一つの方法となります。

年賀状を出した相手から
年賀メールが届いたというパターンもあります。

その場合年賀状に書いた言葉と同じコメントを
送ってしまうと印象が良くないので
少しアレンジをしたコメントを送るように
する方が良いでしょう。

人と人とのつながりは大切なものです。
面倒がらずに、ここできちんとしておくと
これからの付き合いも変わっていくのでは
ないでしょうか

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です