喪中のお正月の挨拶 寒中見舞い出す時期は?書くことは?



お正月も終わり
年賀状のやりとりがひと段落ついた頃
『寒中見舞いが届いた』
という方も多いと思います

暑中見舞いならよく聞くけれど・・
それの反対なの?
なぜ送るの?
いつ送るの?
などの疑問に答えます

スポンサードリンク

喪中のお正月の挨拶 寒中見舞い

寒中見舞いにはいくつかの用途があります。
一つは、寒さの厳しい時期に
相手の健康を気遣ったり
近状を報告するための季節の挨拶です。
(暑中見舞いの冬バージョンですね)

もう一つは、年賀状が出せなかった時の
新年の挨拶の代わりです。

年賀状が出せなかった時とはどういう時でしょうか?

それは、自分もしくは相手が喪中の時です。
身内が亡くなったら
1年間は喪に服さなくてはなりません。

そんな中で新年を迎えてしまっても
『おめでとうございます』
とは言えませんよね。
もちろん年賀状も出せません。

そこで年賀状の代わりの手紙を出す事で
近状報告や挨拶を済ませるのです。

また

年賀状を出していない相手から届いた時
年賀状を出し忘れて時期が過ぎた時
『今更年賀状を送っても・・』という時
にも代わりの挨拶として送ることができます。

寒中見舞いを出す時期は?

さて、寒中見舞いには時期があります。

一般的には
松の内(元旦から1月7日)が過ぎた時期
つまり1月8日から立春までがその時期です。
立春は2月4日頃とされていますが
その年によって違うので
よく調べておきましょう。

関西では1月15日までが松の内だという
考えの地域もあります。
相手の住んでいる地域に合わせて
手紙を送る時期を考えましょう。

寒中見舞いに書くことは?

何なぜ送るか?いつ送るか?は分かりましたが
一体どんなことを書くのでしょうか?

季節の挨拶として送る場合は
そんなに難しいことはありません。

・季節の挨拶文
・相手を気遣う文章
・日付

を入れれば大丈夫です。

ですが、喪に服している場合は
いくつかの注意点があります。

ハガキに派手なデザインを使わない
正月に関係するようなイラストを使わない
ことです

喪に服して年賀状を辞退したのですから
当然のことですね。
ハガキの中身には、まずは季節の挨拶文を書きます。

季節の挨拶状と同じ文面で構いませんが
その時に「拝啓」「敬具」などの
頭語・結語は不要です。

相手に喪中であることを知らせる文面を書きます。
相手に喪中ハガキを送っていなかった場合は
その事を謝罪しましょう。
その後、相手の無事を祈る文面を書き
日付を書きます。

寒い時期、ポストを覗くと一枚のハガキ。
そこには差出人の近況報告と自分への労りの言葉。
なんだかほっとしますよね。

挨拶状を送るという昔ながらの文化は
冷え切った現代社会に
一つの温かな繋がりをもたらしてくれます。
『なんだか面倒だな』
『大変そうだな』
と思うかもしれませんがそんなことはありません。
今はインターネットの時代です。
例文を探せばいくらでも出てきます。

自分に合った文章を選び
相手を気遣う一言を添えるだけで
挨拶状の完成です。

年賀状は出さなかったけど
最近あの人どうしてるかな・・?
そんな時に季節の挨拶状を
送ってみてはどうでしょうか

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です