お正月の挨拶 喪中は寒中見舞いを はがきの種類と切手は



喪中のお知らせを差し上げなかった相手から
年賀状を頂いたときには
寒中見舞いを出すのが礼儀です。

また喪中のお知らせを頂いた相手にも
同じく寒中見舞いを出すことも
礼儀とされています。

しかしそのときに使うはがきと切手の種類には
ちゃんと決まりがあることをご存じですか?

スポンサードリンク

お正月の挨拶 喪中は寒中見舞いを はがきの種類は

自分か相手のどちらかが喪中のときには
お正月の挨拶に寒中見舞いを出します。
いつ出すの?と思ったら→喪中のお正月の挨拶 寒中見舞い出す時期は?書くことは?

寒中見舞いにはそのときに使うはがきと切手の
種類にルールがあります。

せっかくの年賀だから・・
と余っている年賀はがきを使うことは
失礼にあたります。

これは年賀はがきは新年の祝い事に使うための専用はがきだからです。

では自分で用意するときには
どうすればいいのでしょうか?

この場合は官製はがきか私製はがきを使います

喪中の寒中見舞い はがきに貼る切手は

官製はがきを使う場合は切手のところに
すでに印刷がされています。

この切手には
ヤマユリ・タンチョウ・山桜・胡蝶蘭
とありますが落ち着いた絵柄である
胡蝶蘭が切手にデザインされたものが
多く使われます。

切手が印刷されているため
裏面を自分でパソコンなどで作成して
印刷するのが楽という利点もあります。

また私製はがきの場合は
自分で切手を貼る必要がありますが
その分丁寧な印象を与えます。

この場合切手は
弔事用のものを郵便局でお願いするか
落ち着いたデザインのものを選びましょう。

そういったところへの気遣いは
より相手にまごころが伝わります。

私製はがきには流線模様などの透かし
入れられている落ち着いたデザインのもの
などが多くあり厚めのはがきとなっています。

その分官製はがきよりも気配りや
丁寧さが込められているともいえます。

ただし自宅で印刷をする場合
プリンターが使えない場合もありますので
注意が必要です。

また季節の挨拶となりますので写真を使ったり
お正月に関連する絵やモチーフを使った絵柄
などは使用しないことがマナーです。

絵を入れるとすれば、季節に合わせ
冬や早春をイメージさせる水仙や椿などの絵や
雪ウサギなどのイラストを使ってもいいでしょう

自分が喪中で年賀はがきを頂いたとき
返礼として寒中見舞いとして改めるのが一般的です

ただし12月に身内で不幸があり
はがきを出すのが間に合わなかった場合は
時期を改めて年賀状を出せなかったことの
お詫びと共にお知らせすることが大切です

この場合もせっかくあるのだから・・
と年賀状を使ってはいけません。

手数料はかかりますが
官製はがきと交換が可能ですので
郵便局で官製はがきに交換してもらい
それを使って返礼をします。

また切手にも交換が可能ですので
あらためて私製はがきで作成することを
おすすめします。

ただ送るのではなく
相手を気遣うこと
また気遣ってもらったことへのお礼の気持ち
を込めるためにも
はがきや切手の種類といった細かい部分にも
気配りとマナーを忘れないようにし
気持ちを送るようにしたいものです。

はがきの印刷をおこなってもらえるところも
多くありますが、手をかけマナーを守って
送ることで相手に誠意と感謝の気持ちが
伝わるということを忘れないように
細かいところにも気を配った対応をしましょう

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です