喪中の寒中お見舞いはがきの書き方 時期はいつまで?文例は?



今までに寒中見舞いはがきが
届いたことはありますか。

寒中見舞いは
夏に届く暑中見舞いのようなものです。

しかしこちらはあまりなじみがないため
届いたのはいいけれど
返事は必要なのか?
返事はいつ出すのがいのか?
いつまでに出すのがよいのか?
・・など悩んでしまいませんか。


スポンサードリンク

喪中の寒中お見舞いはがきの書き方

寒中見舞いが届いたご挨拶に対して
返事はしてもしなくても
マナー違反にはなりません。

しかし寒中見舞いは季節の挨拶状ですから
相手の近況を伺ったり
こちらのことを報告するのは
とても良いことですし
今後の円滑な人間関係のためにも
返事は出しておく方が良いでしょう。

今回は特に守っておくと安心な
返事の書き方をご案内します。


そもそも寒中見舞いとは何でしょう。

年が明けてから届く寒中見舞いには
喪中で年賀状が出せない人が出す季節の挨拶状
が一般的です

これは喪中の挨拶を出していない相手から
年賀状が届いた場合に出します。


そして
年賀状が遅れてしまった時に出す挨拶状
の意味もあります。

もちろん他にも多くの理由がありますが
これらが挨拶状を送る大きな理由になるのではないでしょうか。

時期はいつまでに出す?

ではいつまでに出せばいいのでしょうか?
こちらにも諸説ありますが
一般的に松のうち(1月7日)を過ぎた
1月8日から、節分前日2月3日頃までに
出すようにとされています。

しかし『いつ出すか』に対しては
もっとも良いとされている時期があります。

それは1月10日頃です。

これは、喪中で年賀状を出せなかった場合の
返事として挨拶状を出す場合が多く
届けてくれた相手に失礼のないよう
出来るだけ早く返事を出したほうがよい
とされているからです。

頂いたら出せる期間のうちの
出来るだけ早い時期に返事を出しましょう。

それが届けてくれた相手に対する
最善の心づかいになります。

また寒中見舞いを出すときに
年賀状を使用することは差し控えましょう

詳しくはこちら>>お正月の挨拶 喪中は寒中見舞いを はがきの種類と切手は

文例

寒中見舞いの返事を相手に送るとき
自分が喪中だった場合には
どのような文章にすればよいのでしょうか?

まずは
『寒中お見舞い申し上げます』

  • などの寒中の挨拶から始めます。

そして
『昨年〇月に〇〇が他界し』
  • などの喪中であったことを知らせます

『年を越してのご連絡を深くお詫びします』
  • と連絡をしなかったことへのをお詫びを書きます。

『皆様にとりまして良い年でありますように』
  • などの相手を気遣う言葉に日付けを書いて終わります。


年賀状が遅れた場合には
どのような文章にすればよいのでしょうか?


年賀状が遅れた場合も喪中の場合と同じく
寒中の挨拶から書き始めます。

そして
『新年のご挨拶が遅くなり申し訳ありません』
  • などの年賀状が遅れた事へのお詫びを添えます。

『良い年を迎えられたことお喜び申し上げます』
  • と相手が新年を迎えた事へのお祝いを書きます
『皆様いかがお過ごしでしょうか』
  • など相手を気遣うような文も添えます。
  • その後で今後のお付き合いを願う言葉を続けます。
  • ここで自分の近況について書くのも良いでしょう。
  • 最後は日付を書いて終わります。



必ず返事を書かないといけないわけではありません

しかし届けてくれた相手や
届いた手紙に対する大人のマナーとして
今後の円滑なコミュニケーションのために
返事を書かれてはいかがでしょうか。


関連記事
お正月の挨拶 喪中は寒中見舞いを はがきの種類と切手は

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です