寒中見舞いは喪中期間の年賀状 出す時期はいつまで 文例も



年末になると年賀状の準備に
追われるという方は少なくありません

そもそも喪中とは

近親者が亡くなった場合において
一定の期間身を慎むことですが
喪中の方は年賀状を出すのを控えるのが
日本において当たり前に行われている
しきたりになっています。

スポンサードリンク

寒中見舞い 喪中期間の年賀状

喪中の間は
『近親者は一定の期間身を慎む』
というこのしきたりは残っていて
その代表的なものが
年賀状を控えるということになります。


喪中の期間についてですが
これは亡くなった近親者との続柄によって
本来は異なるものでしたが
現代においては『亡くなってから1年』とする事が多いようです。


また近親者とはどこまでを指すのかですが
明確に決められているわけではありません

一般的には
二親等(兄弟姉妹・祖父母・孫)までと
するのが多いものです。

しかし、近年においては
同居していない二親等に関しては含まない
という家庭も増えているので
親族同士の関係性次第でその範囲は
広まったり狭まったりするといえます。

喪中期間の場合
年賀状を出さずに挨拶を全くしない
というのもおかしいので
寒中見舞いを出すのが一般的です。

寒中見舞い 出す時期はいつまで

寒中見舞いは

  • 年賀状の代わりに出す
  • 連絡が行き届かず知らずに年賀状をもらってしまった時のお返事として出す
  • 喪中の方に年賀状代わりの挨拶状として出す
場合などで利用されます。


使用するはがきは
無地のものでも問題ありませんが
シーズンになると
冬の風物詩を取り入れたデザインのものが
発売されています。
そのような専用のものを利用するのも
一つの手です。


出す時期は諸説ありますが
松の内(1月1~7日)が開けた
1月8日から、節分前日2月3日頃までに
出すようにとされています。

しかし『いつ出すか』に対しては
もっとも良いとされている時期があります。

それは1月10日頃です。

これは、喪中で年賀状を出せなかった場合の
返事として挨拶状を出す場合が多く
届けてくれた相手に失礼のないよう
出来るだけ早く返事を出したほうがよい
とされているからです。


寒中見舞いは文字通り
『寒の期間に出すもの』なので
立春までが出せる期間となります。


北国など寒い地域へ出す場合には
『3月上旬まででも構わない』
とも言われていますが
年賀状の代わりとして出す場合は
早めに出すのが基本になるでしょう。

寒中見舞いの文例

では実際に出す場合にどのような文で
出したら良いのでしょうか?

まず、文の構成としては

1 寒中挨拶
2 時候の挨拶
3 年賀状の御礼の言葉
4 近況の報告
5 今後の付き合いをお願いする言葉
6 相手の体調などを気遣う言葉
7 日付

になります。


この内、時候の挨拶は省略しても構いません
書く状況に応じて
3の年賀状の御礼の言葉と
5の今後の付き合いをお願いする言葉は
選択するという形になります。


それぞれの文例は
寒中挨拶は
「寒中お見舞い申し上げます」
と少し大きめに書けば良いでしょう。

時候の挨拶は
「寒気ことのほか厳しく」
「寒に入り寒さひとしお厳しくなってきました」などになります。

年賀状の挨拶は
「この度はご丁寧な年賀状を頂きましてありがとうございました」などとします。

近況報告は
少々具体的に近況のことを書きます

今後の付き合いをお願いする言葉は
「本年も変わらぬお付き合いの程よろしくお願い申し上げます」などです。

相手の体調などを気遣う言葉は
寒の季節なので寒さに合わせ
「風邪などひかれませんようご自愛下さい」などで良いでしょう。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です