喪中の寒中見舞い 返事の書き方と文例



寒中見舞いは喪中のときに
年始の挨拶代わりに使われることが
一般的です。

返信の時期や書き方などご存じでしょうか。

社会人のマナーの1つとして
返信マナーをしっかり覚えておきましょう。

スポンサードリンク

喪中の寒中見舞い 返事

寒中見舞いは次の場合が
一般的な使い方になります。

  • 喪中の方に年賀状の代わりとして送る
  • こちらが喪中と知らずに年賀状をくれた方への返事として送る
  • 年賀状を出すのが遅くなったときに送る
  • 年賀状をもらったけれど、返信が遅くなってしまった場合に送る
です。


中でも
喪中の方に年賀状の代わりとして送る
こちらが喪中と知らずに年賀状をくれた方への返事として送る
場合としての使い方が
多いのではないでしょうか。


特に年賀状を送る用意をしていて
親しい友人から喪中ハガキが届いた場合
そんなときは友人に
お悔やみの気持ちを届ける
という意味でも有効な使い方です。


また、こちらが喪中の時にいただく場合もあります。
相手に自分が喪中だと知らせていなかった場合はきちんと返信することが大切です。

寒中見舞い 返事の書き方と文例

寒中見舞いは
1年の内で1番寒さが厳しい時期に
相手の健康を気遣うという意味で
出される手紙のことです。


そのため送る時期としては諸説ありますが
一般的に松のうち(1月7日)を過ぎた
1月8日から、節分前日2月3日頃までに
出すようにとされています。


それ以降は春が近づいてくるので
余寒見舞いという意味に変わります。

年賀状の返事代わりとして出すのであれば
遅くも1月中に相手に届くようにしましょう。

その際、喪中のため年賀状を控えた
という旨を添えるようにします。

送るハガキも無地のものだと
素っ気ない印象を与えてしまうので
季節にあった雪だるまや雪ウサギ・雪の結晶
などが描かれたものを使うのがおすすめです。


書き方の例をいくつかご紹介します。

◾️相手から喪中ハガキをもらい年賀状を見送った場合
「寒中お見舞い申しあげます。
ご服喪中と存じ年始のご挨拶は控えさせていただきました。
このたびの○○様のご他界を知って驚いております。
お悔やみが遅れたことをお詫び申し上げますとともに謹んでご冥福をお祈りいたします。
厳寒の折から皆様のご健康とご多幸をお祈り申しあげます。」


◾️自分が喪中の時に年賀状をいただいた場合
「寒中お見舞い申し上げます。
ご丁寧に年頭のご挨拶をいただきましてありがとうございました。
皆様ご健勝でお過ごしとのご様子何よりと存じます。
亡き○○のの喪中につき年始のご挨拶をご遠慮させていただきました。
旧年中にお知らせ申しあげるべきところ年を越してしまいました非礼を深謝いたします。
本年も変わらぬお付き合いのほど宜しくお願い申し上げます。」


◾️故人あてに年賀状が届いた場合
「寒中お見舞い申し上げます。
早々にご丁寧な年頭のご挨拶を頂戴し誠にありがとうございます。
○○は昨年○月に他界いたしました。
ご通知が遅れましたことを深くお詫び申し上げます。
故人が生前に賜りましたご厚情に深く御礼申し上げます。
酷寒の折皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます。」



これらは例文ですので
シチュエーションにあった自分の言葉を
足すのもいいでしょう。

喪中の場合は故人との思い出を書くと
つらい場合があるので
相手を気遣うような文章をいれるのも
おすすめです。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です