• すらすら簡単 小学生の作文の書き方はワークシートを使って 例と見本も

高速バス|座席おすすめはココ 快適なのは窓側?通路側?

目安時間:約 4分

 
移動手段として
今人気があるのが
高速バスです。
 
 
鉄道を使うよりも
費用が半額以下と
いうものが多く
あります。
 
高速バスの座席でおすすめの席と
快適なのは窓側か通路側かをご案内します。
 

スポンサードリンク

 

高速バス座席

高速バスは夜間に出発するものが多く
移動している時間を休養や睡眠に充てることが
できるため時間の節約にもなります。
 
高速バスを利用するときに
『どの席が自分に合うのかわからない』
ことってありませんか?
 
やはりバス車内で過ごすことが多くなるので
快適にその時間を送りたいと思うのは誰でも同じです。
 

快適なのは窓側?通路側?

窓側と通路側どちらにもメリットがあり
デメリットもあります。
 

それをよく知った上で自分に合わせると
快適なバス移動が可能になります。
 
 

窓側

窓側のメリットは壁(窓)に寄りかかれるので
体が楽ということがあります。
実際に寄りかかると冷たく感じるので乗り物に
酔いやすい人にもおすすめです。

 
隣の席の人の動きがあまり気にならない
というものもあります。
窓側に体を向けると1人の世界に入ることが
できるので隣の人に邪魔されにくいですね。
 
また窓側なら景色を楽しみに見ることも
できるのがいいところです。

ただ夜行バスなら景色は関係ないので
日中運行するバスのメリットになります。
 
 
窓側のデメリットは寒い時期などは
窓を通じて冷気が入りやすくなります。
そしてトイレに行くときや出入りの際には
通路側に人がいると出にくい・入りにくい
という状況もでてきます。
 

スポンサードリンク

 
 

通路側

通路側のメリットは出入りにあまり
気を使わなくても良いことです。
 
そして空調が良く効きやすくなるので
夏でも暑がりの人や冬に寒がりの人には
向いています。

 
通路側にはひじ置きがあるのでそこにもたれて
足を通路側に伸ばすこともできますね。
(もちろん人が通る時には配慮が必要です)
 
 
デメリットは体を固定するものが背もたれだけ
のため長時間移動だと苦しくなる場合があります
 
また外の景色を楽しみにくい事もありますが
ただこちらは夜行バスなら景色はあまり
関係ないのでデメリットにならない場合が
あります。
 
 

高速バスおすすめの席

窓側・通路側ともメリットとデメリットがあります
自分の体質や考えに合わせて選択をするといいでしょう。
 
一人ではなくカップルや友人と乗るのなら途中で
席を交代するのもいいかもしれません。
 
一人で隣の人に気兼ねなく過ごしたいと思うなら
あえて3列シートの座席に座るのもおすすめです。
 
ぐっすり眠りたいなら窓側に
気兼ねなくトイレに行きたいと思うなら通路側に
これなら人の動きも気にせずに自分のペースで
楽しむことができます。

 

 
夜行バス利用なら

高速バスを使ってお出かけになってみませんか
 

スポンサードリンク

この記事に関連する記事一覧

リアルタイムランキング