• すらすら簡単 小学生の作文の書き方はワークシートを使って 例と見本も

小学生が担任の先生と合わない時 相性は 関係がうまくいかない時は?

目安時間:約 7分

ドキドキの新学期を迎えて
しばらくした頃
『あれ?なんか違う?』
と思うことも・・・
 
学校が
好きになるのも
嫌いになるのも
先生の存在が大きいのが小学生です
 
先生との関係がうまくいくよう
できる限り先生と密に連絡を取り合い
気持ちの行き違いを
避けるようにしたいものです
 
スポンサードリンク

小学生が担任の先生と合わないと感じる時

新学期に先生が
『大きな声でどなってこわいから学校に行きたくない』
と言う子がいます
 
様々な制約がある学校生活では
子供をきちんとさせるために
厳しく指導する先生もいます
 
特に指導が難しい低学年には
ベテランでしっかりした先生が
担任をすることが多いようです
 
【幼稚園の先生はもっと優しかったのに】
と感じる子もいるでしょう
 
【合わない】
と感じるきっかけは
ささいな事だったりもします
 
そんな時は子供の話だけで
 
あの先生はだめだわ
決め付けるのではなく
家庭訪問やこんだん会、個人面談の時などに
厳しく叱った、先生の真意を
聞いておくことが必要です

先生の側では

・低学年は放っておくと収拾がつかない
・大騒ぎしてしまう
・最初にきっちりと指導する必要がある
と考えての指導かもしれません
お母さんは学校現場の様子を知りませんので
先生の立場を理解する必要もあります

担任の先生との相性

とはいえ
悪い先生ではないと思うけれど
どうもウチの子とは相性がよくないようだ
と思うお母さんもいらっしゃるでしょう
 

先生も人間で性格もいろいろです
相性の良し悪しは否定できません
 
ただ世の中には嫌いだからといって
避けて通ることができないことも
たくさんあります
 

相性の悪い先生に当たってしまった時は
子供にとっての人生修行と
覚悟を決めるしかありません
どんな先生にあたっても
1年間つきあうことに変わりはないのです
 
その一方で
先生と密に連絡を取り合い
気持ちの行き違いが
起こらないようにしていくことが大切です
 
先生も人間ですから
苦手なタイプの子もいます
苦手な子を無意識のうちに敬遠
相性の良い子と自然に
仲良くなってしまうこともあり
それが子供の目には
ひいきとしてうつります
 
子供は大人の言動に敏感です
子供と相性の悪い先生の時は
特に親と先生の連携が大切です
 

担任の先生との関係がうまくいかない時

先生と親の関係が
うまくいかなくなるのは
子供と先生のトラブルが
発端になることが多いです
 
話し合ってお互いの誤解が
解けることもあれば
話せば話すほど
考え方の違いがはっきりしてきて
不信感がつのってしまうこともあります
 
実際に
先生の配慮の足りない指導のために
子供が傷つく事もあります
 
指導力不足のために問題がおこった場合は
どうしたらいいのでしょうか

先生の対応が不満に思う場合
たとえ小さな事でも先生と話し合って解決する
・連絡帳
・電話相談
・アポをとり直接相談
→方法はなんでもいいのでとにかく話し合いが大事
 
クラス全体に共通した問題の場合
同じ意見のお母さん達と相談する
・こんだん会で話し合う
・多くの人の意見を出しあう
→意見が多ければ緊急保護者会が開かれ問題解決が早くなります
 

子供と先生の間に個人的なトラブルが起こった場合
先生との話し合いが必要
・先生に話に行く前に信頼できる第三者の意見を聞いておくと良い

自分の子どもが可愛いのも
信用している気持ちも
非常によくわかりますが
子供の言い分
必ずしも正確であるとは限らないので
客観的な事実関係を
友達などから聞いて
確認しておくことも大切です
感情的になってしまうと
相手の話が聞けなくなりますので
十分に気をつけましょう
 

クラスの中で起こった問題は
まず担任の先生に相談しますが

・先生と意見が合わない
・対応に不満が残る
・先生は努力してくれていても問題が解決しない

などの場合は
学年主任の先生に相談します
 
それでも解決しない場合は校長先生
それでも解決しない場合は教育委員会
相談することが必要になってきます
 
いきなり教育委員会ではなく
大きく深刻な問題でも
学校内での手順を踏むのがルールです
 

まとめ

学校で起こる様々な問題が
担任だけで手に負えないときは
校長先生の出番です
 
ただなんでも安易に
すぐ校長というのは考えものです
 
学級崩壊や不登校いじめなどの
深刻な問題は
クラスの中だけで抱え込んでしまうと
悪化してしまいます
 
そんな時は校長が
学校全体で解決に向けての
取り組みを行うことが必要です
 
とはいえ
こんなことが起こらずに
子どもと親と学校がじょうずに
おつきあいができれば
それが一番いいのですが
問題が起こってしまった場合には
感情的にならず冷静な対応
心がけましょう


 
小学生の『困った』お悩み関連 記事一覧
作文・読書感想文・自由研究の書き方のほかに友達や親・先生とのトラブルで困った時の対処法の記事一覧です
>>続きをよむ

スポンサードリンク

リアルタイムランキング