• すらすら簡単 小学生の作文の書き方はワークシートを使って 例と見本も

太陽に負けない 紫外線対策はいつから始める グッズは シミを防ぐには

目安時間:約 7分

日差しが降り注ぐ季節になると
気になるのが紫外線
紫外線対策
いつからはじめたらいいのでしょうか
実は今すぐ
はじめた方がいいんです
そのための対策グッズと
シミを作らないためには?
スポンサードリンク

紫外線対策はいつから

 
紫外線とは

皮膚が赤くなるサンバーンを引き起こしシミの原因になります
また皮膚の真皮に達して【光老化】といわれるシワやたるみの原因にもなります
また紫外線に長時間さらされると皮膚がんや眼病など健康への悪影響を引き起こす可能性もあります

紫外線は
夏の暑い日に降り注ぐと思いがちですが
明るさ暑さ関係ないのです
毎年5月頃には
紫外線量は増え始め
日の出直後から日没まで
特に強くなります

紫外線の悪影響は肌に蓄積します
病気と一緒で
『カゼになったら薬をすぐに飲む』
というのではなく
『カゼをひかないように日ごろからうがい手洗いを徹底する』
といく気持ちで
防御力を高めておきます

シミができてからあわてて対策をする前に
今すぐ紫外線対策をはじめて
トラブルを予防する準備をしておきましょう

紫外線対策グッズ

image

■テーマ:紫外線に関する調査
■有効回答:1200件
■調査期間:2014年4月18日から4月24日
■対象者:10代から60代の全国男女
ライフメディア リサーチバンク調べ

こちらは2014年のアンケート結果ですが
紫外線の対策として上位は

・日焼け止めクリーム
・UVカット化粧品
となっています

【日焼け止めクリームの疑問】

□SPF50って何を表してる?
・皮膚が赤くなるサンバーン状態を起こすまでの時間が何もぬってないときの何倍遅くなるかを表す数値
・SPFの数値1ごとに約20分遅くなります
・SPF50なら16時間以上も紫外線から守ってくれることになります

□PA+++って何を表してる?
・皮膚の真皮に達して【光老化】による肌の黒化の防止効果を表しています
・+~+++の3段階あり+が増えるごとに効果が高くなります

□日焼け止めの正しい塗り方
・SPF値が高いものでも薄すぎたりムラになったら意味がありません
・適量を均一に塗ることが大切
・焼けやすい顔の部分(鼻やほお骨)には念入りに
・首や耳の塗り残しにも注意
・皮脂や汗で効果が落ちるのでに2~3時間おきに塗り直します

スポンサードリンク

【UVカット化粧品】
□UVカット化粧品を買う→満足→安心してはダメ
□目的意識をもって正しく使います
□しっかりなじませないとせっかくの効果が半減します

上記のアンケートには
・帽子
・日傘
・サングラス
とありますがこのほかにも
紫外線をカットするグッズがあります

【グッズで紫外線をカット】

□UVカット機能つきコンタクトレンズ
□パフでサッとつけられて汗と紫外線もおさえるパウダーUV
□ミスト状に広がり体全体に使えるUVケアスプレー
□紫外線があたると色が変わるブレスレット

紫外線が原因のシミ 対策は?

肌にシミができてしまう
最も大きな原因は紫外線です
肌に優しい日焼け止め
紫外線防止効果のあるファンデーション
紫外線から肌を守りましょう
また美白化粧品を使ったり
ビタミンCを摂取することも
シミ予防には効果的です
できてしまったシミには
レーザー・ケミカルピーリング・薬など
の方法があります
いずれも治療になるので皮膚科医に
相談してから受けましょう

【シミ対策】
□ビタミンC
・体の中と外からシミを予防するのにビタミンCは有効
・ビタミンCを多く含む野菜やフルーツを意識してとる
・ビタミン剤などでとってもOK
・ビタミンC配合の化粧品はシミの予防や改善に効果的

□美白化粧品
・毎日使い続けることでのシミ予防と改善に効果がある
・化粧水だけでなく美白用美容液やパックなども組み合わせる

□薬
・市販されている塗り薬でシミが消せることもある
・女性ホルモンが原因の肝斑(かんぱん)は消えにくい

□レーザー治療
・黒い色だけに反応するレーザー光線を照射
・シミやホクロを焼いてしまう治療法
・レーザーには種類があり治療できないものもある
・専門医に相談する

美白化粧品は
肌色を白くするためのものではなく
シミやくすみを予防したり
改善したりするために作られたものです
個人差があるので
シミやくすみの種類や程度によっても
効果に差があります
短時間ですぐに効くものではないので
継続して使い続けることが大切です

またビタミン剤は薬ではないので
一気にたくさん飲んだからといって
即効性はありません
大量摂取をしても
ビタミンCは水溶性ビタミンのため
尿中に排泄されます
決められた分量を守ってのみましょう

まとめ

紫外線対策は
【とにかく忘れずに続けること】
が大切です
できるだけ紫外線を避け
ちょっとした外出も注意が必要です
洗濯物を干すだけでも
紫外線を浴びてしまうので
朝のお手入れは
日焼け止めまでがセットです
うっかり日焼けに注意したいですね

スポンサードリンク

この記事に関連する記事一覧

リアルタイムランキング