• すらすら簡単 小学生の作文の書き方はワークシートを使って 例と見本も

赤ちゃんが泣いて寝ないとき 生後2ヶ月〜4ヶ月の赤ちゃんの場合

目安時間:約 8分

月齢が低い
赤ちゃんはどうして
泣いて寝ない
でしょうか
 
 
人間は1日を
25時間とする
体内時計を持って生まれてきます
 
生後3ヶ月ごろまではこの体内時計を地球の
1日と同じ24時間の周期に合わせるための
調整をします
 
そのため昼夜が逆転する赤ちゃんもいます
 
3ヶ月をすぎれば体内時計が整ってきて
【昼は起きて夜は寝る】
というリズムが徐々にできます
 
お母さん、もうしばらくの辛抱です
赤ちゃんと睡眠不足を補って乗りきりましょう
 

スポンサードリンク

 

赤ちゃんが泣いて寝ない時

生後2ヶ月頃までは睡眠と覚醒のリズムがまだ
できていないので日々の睡眠時間ばらつき
あるのが一般的です。
 
ですから睡眠時間の長い短いを気にしなくても
大丈夫です。
睡眠は赤ちゃんのペースに合わせてあげましょう
 
ただしはカーテンを開けて赤ちゃんに
太陽の光を感じさせてあげたり
天気の良い午前中に外気浴をするなど
少しずつ昼夜の区別をつけていくことが
大切です。
 
これを続けていくうちに
『夜まとまって寝て、昼は起きている』
という睡眠パターンができ上がってきます。
 
また睡眠時間の長さにともなって授乳のリズムも
変わりますが2ヶ月頃までは
少し飲んでは眠り・起きてはまた飲んで
を繰り返すのが普通なので
授乳回数にこだわらなくてOKです。
 
起きているときは遊んであげるようにしましょう
 
また何をしても泣き止まない時は
病気ではないかと心配になりますが
まず落ち着いて観察をしましょう。
 
あわてずに泣き方や顔色を見たり触ったり
体温を測ったりして赤ちゃんをよく観察します。
 

  • 足を折り曲げて激しく泣く
  • いつもと違った様子で泣く
  • 顔色が悪い
  • 熱がある
などの場合は病気を疑いましょう。
 
体重が増えていて普段が元気なら
まず心配ありません。
 
赤ちゃんが大きく成長するときは
欲求の種類や量が増えるせいか
泣くことが多くなると言われています。
 
もしかすると
今はちょうどそんな時期なのかもしれません。
 
 

2ヶ月の赤ちゃんが寝ないとき

新生児から2ヶ月までの赤ちゃんは
1日の大半を寝て過ごし
授乳は昼夜も関係なく必要です。
 
しかし光の強さなどを手がかりに
昼夜の違いを学ぶ大切な時期です。
 
徐々に飲み方が上達し1回の授乳で飲める量が
増え授乳回数は減少します。
 
泣いて気持ちを伝えるだけだったのが
2ヶ月頃からは声や満足げな表情で気持ちを伝えてきます。
 
2ヶ月の赤ちゃんの生活

□夜の寝かしつけ時間は
平均22時台
・赤ちゃんが眠そうにしていなくても20時には電気を消して夜を教えましょう
 
□1日のうち機嫌がいい時間は
平均11~12時台
 
□グズる時間は
平均14~18時台
平均23~3時台
・夕方の強いグズりは生後まもなくから3ヶ月頃までつづく【たそがれ泣き】と言うもので原因は不明です
・真夜中のグズグズやギャン泣きは昼夜逆転傾向のある赤ちゃんに多いようです

 
 
→寝ない2ヶ月赤ちゃんの結論
・昼夜の違いにならす時期です
・眠そうでなくても夜は20時に暗く朝は7時に明るくします
・睡眠はまだ慣らしの時期で不安定です
・傾向として寝かしつけが遅めです
・ぐずぐずの原因にもなるので今から気を配りましょう
・赤ちゃんは生理的な不快感の他に
【ママの顔が見たい、声が聞きたい、抱っこしてほしい】など発達を流す刺激を求めて泣きます
・不機嫌で泣いているわけではありません
・泣きやまなくてもお母さんなりに答えれば大丈夫

 

スポンサードリンク

 
 

4ヶ月の赤ちゃんが寝ないとき

3ヶ月ごろからは日中に起きている時間が増え
授乳やうんち、おしっこ、ねんねのリズムが少しずつ整ってきます。
 
甘えたいときや怒っている時で違う泣き方をする
など感情表現も豊かになってきて盛んに
声を出したりお母さんに笑いかけたりするようにもなります。
 
4ヶ月の赤ちゃんの生活

□夜の寝かしつけ時間は
平均21時台
・2ヶ月の赤ちゃんよりも1時間早まる結果です
・生活リズムがついてきているようです

 
□1日のうち機嫌がいい時間は
平均10~11時台
 
□グズる時間は
平均18~21時台
平均3~4時台
・夕方~夜にかけてのグズりはもう寝たいという合図かも
・大人の就寝時間に合わせて寝かしつけるのではなくできれば20時頃には寝かせてあげましょう

 
 
→寝ない4ヶ月赤ちゃんの結論
・夕方には多くの赤ちゃんがグズります
・早起きとメリハリのある日中を過ごすと変わっていきます
・夕方グズる原因の1つは昼寝の不足
・授乳をこま切れでなくまとめ心地よく眠るタイミングに昼寝させます
・それ以外は活動的に過ごすと赤ちゃんは快適になります
・昼寝はこの時期は1~2時間ほどを2~3回が目安です
・生活リズムが整うとママが赤ちゃんの要求を予測しやすくなります

 
 

まとめ

赤ちゃんが泣きやまない時
『泣きやませなきゃ』
と思わなくても大丈夫ですよ。
 
赤ちゃんが泣いている理由を探して
いろいろと考えられることを試して
赤ちゃんのために動くことなので
泣きやませられない自分を責める必要はありません
 
赤ちゃんは赤ちゃんの事情で泣いているのです
お母さんのせいで泣いているのではないのです
 
もしも赤ちゃんが泣いて辛いときは
短時間でもいいので誰かに育児を
代わってもらうことも考えましょう。
 
 
赤ちゃんの『困った』お悩み関連記事一覧
寝ない時・飲まない時・食べない時の方法のほかに病気の時や災害時に赤ちゃん連れで避難する場合の対処法の記事一覧です
>>続きを読む
 
 

スポンサードリンク

リアルタイムランキング