夏のお弁当レシピ 食中毒にならないお弁当とおすすめのおかず

目安時間:約 8分


暑さが気になる時期には
気になってしまう食中毒。
 
 
夏になるとお弁当に何を入れたら良いか
レシピに困ってしまいますね。
 
 
気を付けなければならない点を守れば
難しいレシピは必要ありませんよ。
 
 
夏のお弁当レシピに食中毒にならない
お弁当とおすすめのおかずをお教え致します
 
 

スポンサーリンク

食中毒にならない
お弁当ってどんなもの?

 

暑くなってくると
食中毒が気になり
ますよね

 
暑くなってくると心配なのが「腐らない料理」
 
食中毒にならないためのレシピで家族の
食中毒予防を考えましょう。
 
食中毒を予防するのはどうしてでしょうか。
 

食中毒とは
細菌やウイルスなど有毒な物質が体内に
入ることで、嘔吐下痢、発熱、倦怠感や
体力消耗などが起こって、免疫力が低い
子供やお年寄りだと死に至るこわい病気です

 
 
では食中毒にならない料理とは
どのようなものでしょうか。
 
 
 

調理の前に気を付けること


まずは調理の前に気を付けなければならない
のが、衛生面です。

 
 
使う容器はパッキンの部分まで綺麗に
洗って拭きましょう。
 
熱湯消毒など洗浄は小まめに気を付けましょう
 
使うお箸、包丁なども同様です。
 
 
手も常に清潔に保っておきましょう。
 
ビニール手袋を使って捨てるのも効果的ですね。
 
おにぎりなどは直接握らず、サランラップなどを
利用して細菌を口に入れない努力をしましょう
 
 

調理の前に気を付けること

・容器は細部まで綺麗に洗い拭く
 
・洗浄は小まめにしっかりと行う
 
・使う調理器具にも洗浄に気をつける
 
・手を清潔に保つ
 
・ビニール手袋ラップなどを活用する
 
・細菌を口に入れない努力をする

 
 
 

調理中に気を付けること


料理は必ずよく加熱しましょう。
 
 
定番の卵焼きは火をよく通して作ります。
 
電子レンジを使うときは加熱ムラが
出来ないように気を付けましょう。
 
生野菜や果物を使うときも
水分があるものは要注意です。
 
水分を飛ばして詰めましょう。
 
 

調理中に気を付けること

・料理は必ずよく加熱する
 
・火をよく通す
 
・電子レンジは加熱ムラがないよう気を付ける
 
・水分をよく飛ばして詰める

 
 
スポンサーリンク

 
 

夏の弁当におすすめのおかず

 
『食中毒はお店で購入したものが原因でしょ?』
と言う人もいるでしょうが
 

  • 気温が高くなると細菌は育ちやすくなる
  • 衛生的でない

 
などの条件が重なると家でもどこでも簡単に
菌は増殖します。
 
 
菌が増殖した食べ物のとなりにおけば
大丈夫だった食材も食べられなくなります
 
 
夏のおかずは温度と水分がポイントです。
 
 
 

豚の生姜焼き


ショウガは抗菌効果と夏バテ防止の
両方の面からみてもおすすめ食材です。
 
 
豚の生姜焼きはおすすめレシピの一つ。
 
少し濃いめの味付けでも問題ありません。
 
 
 

お酢を使った料理


またお酢を使った料理も最適。
 
甘酢掛けの料理や酢の物などです。
 
 
 

自然解凍の冷凍食品


最近では定番の自然解凍の冷凍食品たち。
 
 
実は保冷剤代わりにもなって便利な一品です。
 
生野菜などはなるべく控えた方が良いのですが
プチトマトはヘタを取って入れると大丈夫です
 


 
 
 

まとめ

 
食中毒にならないためにも
注意して調理をすることが望まれる暑い時期
 
 
お母さんの料理を楽しみにしている
家族のためにも、いつもより考えた
献立が望まれますね。
 
 
まずは、入れる容器や使うキッチン用品も
しっかり殺菌しておきましょう。
 
食品に触る手も常に清潔にしておくことが
必要です。
 
 
料理はしっかりと水分を飛ばして十分な
加熱をしましょう。
 
電子レンジで加熱するときはムラなく
熱を通して下さいね。
 
 
少し多めに調味料を入れると
抗菌効果もあります。
 
少し濃いめの味付けでも汗をかく季節には
最適です。
 
豚の生姜焼きなどは
抗菌と暑い季節を乗り切るにも最適です。
 
 
食中毒に気を付けて美味しい献立を
作ってあげてくださいね
 
 

スポンサーリンク
最近の投稿
 
 

小学生の作文の書き方や読書感想文・自由研究などをまとめています





小学校入学直後に困る親の悩みなどをまとめています





小学生の運動会で困ることなどをまとめています



リアルタイムランキング
スポンサーリンク

ページの先頭へ