夏のお弁当対策 傷みにくいおかずって何? 漬物が腐るって本当?

目安時間:約 7分


夏のお弁当は時間が経って
痛んでしまうことが心配です。
 
 
痛みにくいおかずを考えるのも大変です。
 
 
でもいくつかの対策ポイントを
知っておくとレパートリーも増えますよ。
 
 
漬物など発酵食品も夏のお弁当にはおすすめ
ですが手軽に作れる浅漬けは腐るかも?って
知ってますか?
 
 

スポンサーリンク

夏のお弁当 傷みにくいおかずは?

 

夏のお弁当で
傷みにくいおかず
って何だろう?

 
お弁当は経済的にも栄養バランス的にも
おすすめですが夏でなくても暑くなる季節が
くると心配なのは「いたんでしまう」ことです
 
 
腐ってしまったものはもちろん
気が付かないうちに菌が増殖したおかずを
食べてしまうと食中毒になってしまいます
 
 
食中毒という言葉は知っていても
具体的にどのようなものなのか、ご存知ですか?
 
 
食中毒とは細菌やウィルスなど有害なものが
食品を通して体内に入り、下痢や嘔吐、発熱、
痛みなどを引き起こすことです。
 
 
最悪は死に至るほど、深刻な病気でもあります
 
 
そして食中毒は家庭でも起きうるものなのです

 
 
食中毒を起こさないためにも菌の増殖を
ふせぐ料理をしましょう。
 
スポンサーリンク

 
 

お弁当の漬物は腐る?

 

駅弁など市販のものを買うと料理の間や
ご飯の上に、梅干しなどが乗っていますよね。
 
 
これは腐らないからです。
 
 
それは元々発酵食品で保存食であることが
大きな特徴だからです。
 

  • 醤油
  • 砂糖
  • みりん

 
などの調味料は細菌の増殖を抑える効果が
あります
 
 
濃い塩分やお酢などが使われており
発酵によって抗菌物質など食中毒菌の
繁殖を抑える効果があります。
 
 
 

浅漬けは要注意


漬物に対して浅漬けは要注意です。
 
残念なことに手軽に作れる浅漬けによって
重い食中毒が発生しているのも事実です
 
 
浅漬けは保存食ではなく
さらには抗菌性もほとんどありません。

 
 
時間を置いて食べられるお漬物とは
大きく違います。
 
 
どうしても浅漬けを作って
入れたいのであれば食材はしっかり
洗って土などを落としましょう。
 
 
もちろん触る手も清潔でなければなりません
 
全ての工程において低温管理も必要です。
 
 
浅漬けは

  • 加熱工程を行わず
  • 発酵もほとんどない

 
ため常温のまま置いておくということは
生野菜を水で洗ってそのまま放置して
食べることと変わりません。
 
 
つまり菌が繁殖する時間を
与えてしまうだけなのです。
 
 
浅漬けは作ったらすぐに食べるのが
おすすめです
 
発酵食品として考えるのはやめましょう

 
 
 

まとめ

 
夏が近づくと気になる食中毒。
 
 
小さな子供やお年寄りは毎年
食中毒が原因で命を落とす
事件が発生しています。
 
 
これは、食べることが当たり前の
私たちの誰にでも起こり得ることです。
 
 
せっかく楽しみにしていたお母さんの味が
そんな悲しい事件を引き起こすきっかけに
なるなんて有り得ませんよね。
 
 
そのためにも、食中毒にならないレシピで
作りましょう。
 
 
おすすめの一つがお漬物です。
 
 
おかずの中に入っていてあまり好きじゃない
という若者も多いのですが抗菌効果もあって
見た目もカラフルで一品として入れやすい
ので、主婦としては助かります。
 
 
しかし浅漬けは全く逆効果。
 
 
しっかりと昔ながらの伝統方法で
作られたものがおすすめです。
 
 
これを機会に自分で作るのも楽しそうですね。
 
 

スポンサーリンク







 
 

小学生の作文の書き方や読書感想文・自由研究などをまとめています





小学校入学直後に困る親の悩みなどをまとめています





小学生の運動会で困ることなどをまとめています



リアルタイムランキング
最近の投稿
スポンサーリンク

ページの先頭へ