熱中症対策 飲み物レシピ 作り方と量は?

目安時間:約 8分


熱中症対策の飲み物は自宅で手作りすることが
できます。
 
 
作り方はとても簡単で水と塩そして砂糖が
あれば簡単に作れるレシピなんですよ。
 
 
毎日の水分補給としてたっぷりの量を
飲みたいですよね。
 
 
手作りしてコスパ良くすることをおすすめします
 

スポンサーリンク

 
 

熱中症対策の飲み物の作り方

 

スポーツドリンクは
お値段が高いし
味が濃いんです

 
ウチの息子はあるメーカーの
某スポーツドリンクしか飲みません。
 
 
聞いてみると他のスポーツ飲料は
苦く感じるんだとか・・
 
 
私はどれも同じようにしか感じないけど本人が
苦いというものを飲ませる事はできません。
 
 
息子はスポーツをしているので同じスポーツ
ドリンクを箱買いしてストックしてあります。
 
 
熱中症対策の飲み物は市販されているものを
使っているご家庭も多いでしょう
 
 
それはもちろんOKですし高い効果が期待
できると思います。
 
 
でも我が家のように子供がスポーツをしていて

  • 毎日練習
  • 試合

があるとスポーツドリンクの消費が多くて
家計を圧迫してしまうのですよね。
 
 
しかもウチに限っていうと味が単一という・・
 
 
だから私はいろいろ研究して熱中症の
対策ドリンクを自宅で手作りできないか
リサーチしました。

 
 
そして簡単な作り方のレシピを見つけました!
 
調べてみると熱中症対策のドリンクは
けっこう簡単に自宅で手作りできます。
 
 
必要なものは

  • 砂糖

だけです。
 
 
混ぜる量を注意すればOKなのでコストも
かかりませんよね。
 
 
レシピですが
 

【水1リットルに対して】
塩は3g
砂糖を20~40g
を入れます。

 
はい、これだけです。
 
 
冷蔵庫で冷たく冷やした状態で子供に持たせれば
たっぷり飲んでもコスパが良い飲み物として
使えると思います。
 
 
ただし手作りしたものはやっぱり市販のものと
比べると体内への吸収率はイマイチです。
 
 
だから我が家では市販のドリンクも持たせつつ
普段の水分補給などで1リットル入りの手作り
ドリンクを併用して持たせています。
 

熱中症対策ドリンクの作り方

【用意するもの】
砂糖


 
 
【作り方】
水1リットルに対して
塩3g
砂糖20~40gをよく混ぜ
冷蔵庫で冷やす

 
 
スポンサーリンク

 
 

熱中症対策の飲み物の量は?

 
熱中症予防としてドリンクを飲む時には
喉が渇くまで待つのはNGです。
 
『喉が渇いたな』
 
と思った時にはすでに体は脱水症状が
起こっている可能性が高いそうです。
 
喉が渇いていなくてもこまめに飲む
というスタンスが良いみたいですね。
 
 
私は息子にいつも水分補給は

  • 学校なら休憩ごとに
  • 遊んでいる時は20~30分ごとに
  • スポーツ中なら休憩中に必ず
  • 少しずつ飲むように

指導しています。
 
 
もちろん運動の後とか喉が渇いた時には
たくさん飲んでも良いのですがポイントは
喉が渇いていない時にも飲んで水分を
補給してあげるという所にあると思います。
 
 
一日にどのぐらい飲めばよいのか?
ということも気になりますよね。
 
 
いろいろな説があって
1日2ℓ~3ℓ飲むのが良い
などと言われています。
 
 
2ℓ~3ℓってけっこう幅がありますが

  • どれだけ体を動かして
  • どのぐらい汗をかくのか

によって適量は異なるでしょうし
どのぐらいの炎天下で運動するのか
という点でも理想的な量は変わって
くるのかもしれませんね。

 
 
 

まとめ

 
熱中症対策としてドリンクを飲む際に喉が
渇く前にこまめな水分補給をする事が必要です
 
 
運動をしている人だと飲む量が多くなるので
我が家では市販のものと自宅で手作りしたもの
を併用して家計を圧迫しないように心がけて
います。
 
 
体をどのぐらい動かすかによって適量は
異なりますがたっぷり飲んだほうが
脱水症状を抑えることができるという点は
間違いないですね。
 
 
スポーツをする人なら一日2ℓぐらいは
飲んだほうが良いみたいですよ。
 
 

スポンサーリンク







 
 

小学生の作文の書き方や読書感想文・自由研究などをまとめています





小学校入学直後に困る親の悩みなどをまとめています





小学生の運動会で困ることなどをまとめています



リアルタイムランキング
最近の投稿
スポンサーリンク

ページの先頭へ