敬老の日に手作りプレゼント 中学生はお守り作る?メッセージの例文も

目安時間:約 6分


敬老の日には手作りのお守りをプレゼントすると喜ばれます。
 
 
中学生くらいになると、フエルトで簡単に上手に作れますのでおすすめです。
 
 
どんなお守りよりも効き目があるとおじいちゃん、おばあちゃんはきっと喜んでくれるはず!
 

スポンサーリンク

 
 

敬老の日に手作りプレゼント 中学生のお守りの作り方

 

敬老の日に
手作りプレゼントを
渡したいんだけど
中学生でもできる
お守りの作り方って
あるのかな?

 
おじいちゃんやおばあちゃんが病気で入院中であるとか、高齢者施設に入所している場合の敬老の日のプレゼントには、手作りのお守りがおすすめです。
 
 
「早く元気になりますように」
 
「いつまでも元気で長生きしてくれますように」
 
 
という気持ちを込めてお守りを作ると喜ばれますよ。
 
 
中学生ならフエルト生地などを使ってちょっと本格的なお守りを作ってみましょう。
 
 
用意するものは
 

  • フエルト
  • 綿
  • 綿
  • 裁縫道具
  • メッセージカード

 
です。
 
 
これらは100円ショップでも揃いますよ。
 
 
まず、フエルトを作りたい大きさに切ります。
 
 
それを半分に折ってお守りの形のように上の両端を斜めにカットします。
 
 
両脇を約5ミリの縫い代で縫っても良いですし、ステッチしても良いですよ。
 
 
綿とメッセージカードはお守りよりも一回り小さいサイズで切り、入れます。
 
 
そしてお守りの上部に目打ちで2か所穴を開け、紐を通して完成です。
 

スポンサーリンク

 
 

敬老の日のメッセージ例文

 
お守りの中に入れるメッセージカードや、別に添えるカードには、孫からいつも思っていることを書けばいいのですが、具体的にどんな言葉を書けば良いか悩むこともありますよね。
 
 
そんな時に参考にしてもらうような例文をいくつか紹介しておきますね。
 
 
もし入院中や自宅療養中なら
「敬老の日おめでとう。早く元気になってくださいね。」
 
「敬老の日おめでとう。元気になったらまた遊びに連れていってね。」
 
 
施設に入所しているなら
「敬老の日おめでとう。なかなか会いに行けないけれど、いつまでも元気で長生きしてくださいね。また、顔見に行きますね。」
 
「敬老の日おめでとう。私は大きくなったら〇〇になるから、その時は絶対応援してね。」
 
 
など、あまりだらだらと書くよりも、簡単な方が良いですね。
 
 
他にも例文はたくさんあるのですが、やはり自分の気持ちを素直に書くことが大切ですよ。
 
 
感謝の気持ちや健康を願う気持ちを素直に書きましょう。
 
 
 

まとめ

 
中学生くらいになると、手作りのプレゼントもかなり良いものができそうですね。
 
 
敬老の日の贈り物に人気なのが、お守りです。
 
 
作ったことがある子も多いでしょうから、おじいちゃん、おばあちゃんに作ってあげると喜ばれますよ。
 
 
中にメッセージカードを入れても良いですし、カードは別に渡しても良いですね。
 
 
体調を崩したり施設に入所していると気持ちが落ち込んでいることもあるでしょう。
 
 
そんな時に孫から手作りのプレゼントが届いたら、きっと元気になってくれますよ。
 
 
どんな神社やお寺のお守りよりも、効き目があるものですね。
 
 
もちろん元気なおじいちゃん、おばあちゃんに長寿お守りとして作ってあげても喜ばれますよ。
 
 

スポンサーリンク







 
 

小学生の作文の書き方や読書感想文・自由研究などをまとめています





小学校入学直後に困る親の悩みなどをまとめています





小学生の運動会で困ることなどをまとめています



リアルタイムランキング
最近の投稿
スポンサーリンク

ページの先頭へ