• すらすら簡単 小学生の作文の書き方はワークシートを使って 例と見本も

運動会 お弁当にまつわる時間短縮について

目安時間:約 3分

進級・進学などで落ち着いたのも束の間、気がつけば運動会というご家庭もおありではないでしょうか。早朝から観客席の確保をしたり役員になっていて早出だったり子供達の用意もあるし…朝からなにかとバタバタ。そんな中お弁当にかける時間を少しだけ短縮できたらいいですよね。

スポンサードリンク

まずは前日準備から

ポテトサラダ、マカロニサラダ、肉じゃが、筑前煮などは前日に作ります。冷まして冷蔵庫に入れて翌朝お弁当に詰めます。
唐揚げの下味も前日に済ませます。ビニール袋に鶏肉と調味料を入れたものを冷蔵庫に入れておきます。
当日、お弁当に詰める際サラダは冷たいままでいいです。
冷蔵庫から出してそのまま持って行った方が保冷効果もあるのでいたむ時間は遅くなるでしょう。
煮物は冷やすと油分が白く固まりますので翌朝軽くレンジで温めてから詰めた方がいいです。

当日の朝、詰める作業も

お弁当は作るのにも時間がかかりますが、詰めるのにも結構時間がかかります。
汁気がないものはスナップえんどうを半分に切ったものやブロッコリーとミニトマトを交互に並べて仕切りにする事もできます。
ポテトサラダなどは場所もとりますし、少し多めに入れたいとこです。大きめのおかずカップを買っても1~2枚使って終わり。ではもったいないので紙コップや牛乳の容器をそこに入れてみてはいかがでしょうか。高さもお弁当箱に合わせて切ることも出来ます。マフィンなどのお菓子を作った時に余ったカップでも代用できますし見栄えも良いです。

スポンサードリンク

まとめ

私が、運動会で必ず持っていくものは2つあります。
1つめはきゅうりの浅漬けです。前日にタッパーに切ったきゅうりと浅漬けの素を入れて冷蔵庫に入れておきます。準備は簡単だし当日は冷蔵庫から出してそのまま持っていけます。なにより手軽に塩分補給ができる事が魅力です。運動会の主役は子供たちです。踊りに競技に一生懸命で汗だくになります。心配なのが脱水症です。水分補給と同じくらい塩分補給も大事です。きゅうりが嫌いなお子様なら大根やにんじんなど他の野菜にしても良いかと思います。
もう1つは、飲み口のついたパックのエネルギーチャージ飲料です。これを凍らせてお弁当の上に置いておきます。保冷剤代わりになりますし、あまりに暑くて食欲がなかった時のための保険の役目もあります。当日の体調は当日じゃないとわかりませんから…。

忙しい時に限って予定外のことが起きたりしますし、できるだけ準備を多くしておいた方が時間短縮につながると思います。

スポンサードリンク

この記事に関連する記事一覧

リアルタイムランキング