• すらすら簡単 小学生の作文の書き方はワークシートを使って 例と見本も

赤ちゃんの水分補給 8ヶ月の目安の量は 離乳食にも取り入れて熱中症予防

目安時間:約 11分

夏の暑い時期
赤ちゃんの
水分補給
とても気になります
 
特に動きが活発
なり始めた
8ヶ月頃
赤ちゃんにはどのぐらいの水分が必要なのでしょうか
 

スポンサードリンク

 

赤ちゃんの水分補給 8ヶ月頃は

 

普段から赤ちゃんはをたくさんかきます
 
8ヶ月頃の赤ちゃんは

  • おすわり
  • ずりばい
  • つかまり立ち
を始めて活発になっていく頃です
 
動きを妨げないように伸縮性のある生地で
風通しの良い上下に分かれた服を着はじめましょう

 

8ヶ月頃の赤ちゃんは甘え・悲しみ・嫉妬・怒り
など様々な感情を持つようになり表情も豊かに
なってきます
 
親として喜ばしい反面赤ちゃんの自我の発達
色々な場面でうまくいかないことが出てきます
 

・母乳を飲まなくなったから栄養や水分補給が心配
・ミルクを飲まないから赤ちゃん用イオン飲料で水分補給していい?

 
など気になるところです
 

Q.母乳を飲まなくなったから栄養や水分補給が心配

 
A.体重の増え方を確認します
 
発育曲線に沿って増えていれば今のままで栄養は
足りています。
そうでない場合は離乳食の内容や量を見直します
離乳食にも水分は含まれています。
水分不足であればおしっこの量が減ったり
機嫌も悪くなります。
 
 
Q.ミルクを飲まないから赤ちゃん用イオン飲料で水分補給していい?
 
A.食欲がなくなるほど飲まなければ大丈夫です
 
離乳食中期は成長に必要な栄養が離乳食だけで
摂れる時期ではありません
ミルクで栄養を補充する必要があります。
赤ちゃん用イオン飲料をお腹がいっぱいになる
ほど飲むとミルクや離乳食が摂れなくなり
結果的に栄養不足になります。
イオン飲料は甘みがあって食欲を落とすこと
にもなるので飲ませる時間帯と量を考慮してください。
 
 
8ヶ月の赤ちゃんの水分補給は
母乳・ミルクのみでOKです。
 
この時期の赤ちゃんが授乳以外でも 飲んでいいものはいくつかありますがまだ早いものもあります。
 

【 飲んでいいもの 】
加熱していない水道水
住宅環境にもよりますが飲ませるのは7ヶ月以降なら大丈夫です
消毒のための塩素が含まれていますので最初は少量から

 

湯冷まし
いちど沸騰させれば水道水の塩素がだいぶ抜けます
与える際は人肌程度に冷ましてから

 

麦茶・ほうじ茶・玄米茶
大人用を薄めるか市販のベビー用を与えます

 

ミネラルウォーター・軟水
軟水は沸騰させれば大丈夫ですが最初は少量から

 

赤ちゃん用イオン飲料
発熱・脱水症状を起こしている時はOKです
通常の日常生活ではあえて必要ありません

 

赤ちゃん用果汁
大丈夫です
離乳食にも使ってあげて下さい

 
 
【 まだ早いもの 】
ミネラルウォーター・硬水
硬水はマグネシウム等を含むため飲ませるのは控えてください

 

大人用イオン飲料
糖分を多く含み添加物が入っているものがあります
うすめて与えるのもNGです

 

ウーロン茶・煎茶・緑茶
カフェインが多いためまだ与えるのはNGです
1才以降にうっすら色がつく程度にうすめたものを少量なら可能です

 

紅茶・コーヒー・ココア
カフェインが多いためまだ与えるのはNGです
うすめてもNGです
ココアは3歳以降に少量ならOKです

 

牛乳・豆乳
食材として加熱すれば7ヶ月ごろからOKです
そのまま飲み物として与えるのは1才を過ぎてからです

 
 

赤ちゃんの水分補給 8ヶ月頃の量は

8ヶ月頃の赤ちゃんの栄養の約7割は
まだ母乳・ミルクからになります。
 
離乳食の後は欲しがるだけ飲ませてあげましょう
 
熱中症を予防するためにこまめな水分補給
大切です。
こまめな水分補給とはどのぐらいの
必要なのでしょうか。
 
 
8ヶ月の赤ちゃんに
最適な水分補給の量の目安はこちらです。

【 水分補給の量の目安・8ヶ月頃 】

1日に必要な水分量
140〜160ml×体重(kg)

例)体重が8kgなら1.1〜1.3ℓ必要
目安)1回の離乳食に含まれる水分は約200mlと考えます

 

1回に与える水分量
30〜50mlを適宜

 

完全母乳の場合
水分補給は母乳でOK
授乳時間は気にせず欲しがったら与える
汗をかいた時・外出・入浴後に
母乳や湯冷まし麦茶をあげる

 

混合の場合
水分補給は母乳かミルクでOK
授乳時間は気にせず欲しがったら与える
汗をかいた時・外出・入浴後に
母乳や湯冷まし麦茶をあげる

 

完全ミルクの場合
水分補給はミルクでOK
夏でも薄めて調乳するのはNG
缶に表記された規定量は気にしすぎなくても
大丈夫です
汗をかいた時・外出・入浴後に
母乳や湯冷まし麦茶をあげる

 

赤ちゃんは体の大きさに比べ
体内の水分量の割合が高いため
大人に比べて脱水症になりやすいです。
 
部屋の熱がこもっていると水分不足になることが
ありますので室温調節も大切です。
 
水分が足りているかどうかのサインを見逃さないように気をつけましょう。
 

【 水分補給のタイミング 】
たくさん汗をかいている
外出
入浴後
おしっこの色が濃くなっている
おしっこの量が減る
おしっこが6時間以上出ていない
便秘になる
顔色が悪い
機嫌が悪い
母乳・ミルクの飲みが悪い
声が弱々しい
肌がカサカサしている
唇や口の中が乾いている
よだれが少ない

 
 

スポンサードリンク

 

離乳食から水分補給

8ヶ月頃の赤ちゃんの栄養の約7割はまだ
母乳・ミルクからになりますが食材からも
水分補給できるように離乳食にも気をつけたいものです。

 

今が旬の夏野菜は水分を多く含み
体を冷やす作用があります。
 
きゅうりやトマトはビタミンCを多く含み
夏バテから体を守ってくれますし
ナスの食物繊維も見逃せません。
水分補給にはもってこいの食材です。
 

【 トマト 】
おしりに十字の切り込みを入れる
沸騰したお湯につける
冷水で冷やす
流水を当てながら皮をむく
(湯むき)
種を取り除く
2~3mmの大きさに細かく切る

*トマトはたてではなく横に切ると種が取り除きやすいです

 

【 きゅうり 】
よく洗い厚めに皮をむく
加熱して柔らかくする
2~3mmの大きさに細かく切る
もしくはすり鉢ですりつぶす

 

【 なす 】
よく洗いへたを切り厚めに皮をむく
加熱して柔らかくする
2~3mmの大きさに細かく切る
もしくはすり鉢ですりつぶす

 
中期は柔らかいけど形のあるものを
上アゴと舌でつぶして食べられるように
なります。
 
もぐもぐと口が動いていれば
潰そうとしている証拠です。
柔らかさはでつまんだら
すぐつぶれるぐらいにします。
 
中期の後半は3mmを目安に少しずつ大きくし
3~5mmの大きさにします。
 
では離乳食を食べない赤ちゃんは
どうしたらいいでしょう。
 

考えられる原因
お腹がいっぱいではないですか
逆にお腹がすきすぎていませんか
食べる時間帯はどうですか
なるべく決まった時間に与えていますか
食材が固すぎませんか
柔らかすぎていませんか
*いつまでも初期食だと嫌がる赤ちゃんもいます
手作りなら一旦BFにしてみませんか
調味料を使用し薄く風味づけしてみませんか

 
 
8ヶ月頃の赤ちゃんは
活発に動き出す時期なので
そのうち離乳食を食べる量も増えてきます。
 
9ヶ月ごろから栄養摂取の主体が
母乳・ミルクから離乳食へと移る時期なので
水分補給とともに栄養もしっかりとれるように
準備しておきたいものですね。
 
 

まとめ

8ヶ月頃の赤ちゃんは活発に動くので
お母さんは目が離せない時期ですね。
 
夏の暑い時期は水分補給などの体調管理に加え
はいはいなどでの移動が増えるため室内環境の
確認も大変になります。
 
お母さんが倒れたら大変なので
お母さんも水分補給をお忘れなく。
この時期を楽しんで暑い夏を乗り切って下さい
応援しています。
 
 
赤ちゃんの『困った』お悩み関連記事一覧
寝ない時・飲まない時・食べない時の方法のほかに病気の時や災害時に赤ちゃん連れで避難する場合の対処法の記事一覧です
>>続きを読む
 
 

スポンサードリンク

リアルタイムランキング