おせち

おせちの作り方・田作り 日持ちは?いつから作る?

目安時間 5分


おせちに欠かせない田作りは

黒豆や数の子と一緒に祝い肴として一の重に入ります
 

おせち料理をすべて作るのは大変ですが

祝い肴の3品だけは手作りするのもアリですよ
 

市販品には出せないおいしさを

ご家庭で味わってみませんか?
 

田作りはカタクチイワシの幼魚の乾燥品で

小さくても尾頭つきです

別名・五万米(ごまめ)ともいわれ

田畑の豊作や五穀豊穣の願いが込められているものです
 

スポンサーリンク

おせちの作り方・田作り

田作りはその昔田畑の肥料に使われて大豊作になったことから田作りと呼ばれています

田作りに使うカタクチイワシの稚魚の選び方は
 

・頭がついていて腹などが破れていないもの

・形の揃ったもの

・銀色でツヤのあるもの

を選ぶようにしましょう

湿気を吸いやすいのでポリ袋に入れて冷蔵庫に入れて保存してください
 

材料

田作り 50g

 

砂糖 大さじ2

みりん 大さじ1

しょうゆ 大さじ2

酒 大さじ1

 

白ごま 大さじ1

 

作り方
 

img_6059
頭を取らないように注意しながらわたを取り除きます

生臭さが取れ味も良くなります
 

img_6060
ゆっくりと絶えず混ぜながら焦がさないようにします

弱火で乾燥させるように炒ります

しっかりと炒ることで生臭さがとれ歯ざわりが良く仕上がります
 

img_6061
1本つまんで折ってみてポキッと折れたらOKです

取り出して粗熱を取ります
 

スポンサーリンク

img_6062
鍋にAを入れて中火にかけます

煮詰まってあめ状になったら田作りを入れます

かたまりにならないように手早くからませ均等にタレを馴染ませます
 

img_6063
バットにクッキングシートを敷き田作りを手早く広げて冷まし白ごまをふります

 

おせち 田作りの日持ちは?

せっかく作った田作りがどのくらい日持ちがするのか気になるところです

手作りの田作り・ごまめは食べる量だけ器に盛りつけ残りは冷蔵庫で保存してお正月三が日までに食べるようにして下さい

暖房の効いた部屋で放置するのはよくないので必ず冷蔵庫へ入れて保存してくださいね

市販のものならパッケージの表記通りに。

田作りを作る前のカタクチイワシの残りはポリ袋に入れて冷蔵庫に入れて保存してください

田作り いつから作る?

忙しい年末におせち料理を作るのは大変です

田作はいつから作ったら良いのでしょうか?

二の重や三の重も作る場合は煮物・焼き物を最後に作るため田作りはその前に作る方が良いでしょう

以下は三の重まで作る場合の目安です
 

12月26日

この日あたりまでに材料を揃えておきます

12月28日

田作りを炒ります

12月29日

汁を煮つめて絡めます

田作り・ごまめは水分を飛ばして作るのでパリッとした食感に仕上がりますが作り置きしておくと多少しなっとしてきます

パリッとした食感がお好みならもう1日後ろにずらしてもいいかもしれませんね

祝い肴の3品だけを作る場合なら12/30~31でもOKでしょう
 

 
関連記事

1、おせち お重の意味と一の重に入れるもの 二段・三段の場合は

2、おせちの作り方・数の子 日持ちはどれくらい?塩抜きはいつからする?

3、おせちの作り方・田作り 日持ちは?いつから作る?⇐いまココ

4、おせちの作り方・黒豆 しわにならないコツ いつから作る?

5、おせち・伊達巻きの作り方 オーブンで簡単に いつ作る?

6、おせち・栗きんとんの作り方 裏ごし器がない時の代用は? いつ作る?

7、おせち・かまぼこの切り方 飾り切りとは? 市松とは?

 

 

スポンサーリンク

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

コメント

トラックバックURL: 









小学生の作文の書き方や読書感想文・自由研究などをまとめています





小学校入学直後に困る親の悩みなどをまとめています





小学生の運動会で困ることなどをまとめています



リアルタイムランキング
  最近の投稿